防犯カメラのご依頼をいただいた方限定
光触媒コーティング半額キャンペーン中!

顔認証サーマルカメラとアルコール検知器を連動

ACHIEVEMENT

防犯カメラのイラスト

なんと、顔認証サーマルカメラとアルコール検知器と連動

 

2022年4月より安全運転管理者による運転者の運転前後のアルコールチェックが

義務化となりました。

対象となるのは、定員11人以上の自動車を1台以上使用している事業所、もしくは

自動車(社用車)を5台以上保有している事業所となります。

そこで、今回ご紹介いたしたいのは、顔認証サーマルカメラとプリンター内蔵のアルコール

検知器を連動させ記録すると言うものです。

この様に連動さすことにより、運転者の顔認証、体温、アルコール測定をおこないます。

測定結果はプリントアウトされ、なりすまし等の不正検査をなくす事が可能となります。

もし、なりすまし等で運転をしていて交通事故でも起こしてしまえば、本人はもとより

企業様にも責任が出てきますので、そのような事が無いよう企業様には是非

活用いただきたいと思います。

買取、毎月安価なお支払いのリースなどお支払い方法も色々選べます。

 

 

施工実績一覧へ